· 

「セットしないでいい感じになるようにお願いします。」を他の言い方にしてみると・・・

※例えてみたシリーズのブログは個人的な考え表現が多く含まれております。

日々のサロンワークでお客さんからの要望や質問をいただきますが、

こちらとしても

『そりゃ無理だぜ!!』『いや、わからねぇっす!!』って思うことがちょくちょくございます。

それを他のことに例えて少しでもご理解いただければと思います。

 

ややとげのある表現に感じる方もいるかもしれませんがクレームは一切受け付けませんのでよろしくお願いします。

 

朝は髪の毛をセットする時間がない

日本人の朝は忙しい。

ぎりぎりまで寝ていたい。

起きたままの髪でいきたい。

そんな思いから担当美容師に思いをぶつけてみる。

「朝時間ないんで、起きてなんにもしないでいい感じになる髪型にしたいです。」

 

美容師「オッケー!!坊主ですね!!」

お客さん「いや、坊主は・・・。」

 

どうやら坊主じゃないらしいです。

お客さんのしたい髪型にして、朝のセットが楽というのがいいみたいですね。

 

毎朝の髪のセットのことを2か月に1回のカットに頼るというのは美容師もなかなか荷が重いですね、ははは!

(無茶言うなて。。。)

 

別の言い方に例えてみると・・・

美容師的には無茶ぶり、お客さん的には「できるでしょ??」っていうこのギャップ。

他のことに例えてみると・・・

 

歯医者さんのシチュエーションで例えると、

「毎朝の歯を磨く時間がないので虫歯にならない治療をおねがいします。」

 

どうですか??無理ですよね?

虫歯問題を3か月に1回の歯医者さんに頼るの酷ですよね??

 

「よし!じゃあ抜きましょう!」っていうわけにもいかないしね。

 

大事なのは毎日のケアですよ。

自分でね!

 

まとめ

美容室でのカットってお客さんの悩みややりたい髪型によってスタイルを決めてるわけですね。

だからスタイルによって毎朝濡らす必要があったり、コテを使う必要があったりします。

髪の毛のクセや生えグセによって手入れが必要だったり、楽にできたりします。

最近はスタイル写真にもコテでセットしているものがほとんどですが、

やりたい髪型が家でスタイリングできるのかなど、それを担当美容師と相談してから髪型を決めるといいかもしれませんね!

 

オーダーって難しい。