· 

roomRoom取り扱いのヘアワックス

ワックスの選び方

商品は値段で選んではいけません。

自分が求めていたものが安く売っていたならそれでいいですが、

値段を重要視して10円でも安いものを求めてしまうと、適したものに出会えないので、

見るべき項目を書き出しましょう。

 

ワックスでチェックすべき項目は

  • かたさ・やわらかさ
  • 伸び
  • つやの有無
  • におい
  • 成分

ですね。

 

一般的にはショートの人が使うことが多いと思います。

あとはメンズ。

 

おすすめの選び方としては

《髪の長さに合わせて選ぶ》

です。

髪の長さを基準で選ぶとなると短い人ほどかたいタイプがおすすめです。

ほとんどのワックスがかたいものほど伸びが悪いので、髪が長い人がかたいものを選んでしまうと

  • つけむらがでる
  • 髪が引っかかって痛い

など不具合が生じます。

 

かたさと伸びは大体比例していて、かたいものほど伸びは悪いです。

油分が少ないんだと思います。

 

ツヤは好みですが、

もともと乾燥している髪の毛にはツヤがあるタイプの方が、

見た目はきれいに見えます。

セットした感をあまり出したくない人はつやのないマットタイプを使いましょう。

こちらも油分が少ないマットタイプの方が伸びは悪いでしょう。

お好みでどうぞ!

 

においこそ好みで決めていいと思いますが、

ニオイ押しのワックスはかなりにおいが強く、周りににおいが苦手な人がいる場合は注意したほうがいいでしょう!

 

成分についてですが、あまり安いワックスを選ぶと髪にダメージが出てしまいます。

安いものは原料が石油なので酸化しやすく、髪に残りやすい。

酸化したものが髪や頭皮にシャンプーでも落ちず、よくない影響を及ぼします。

頭皮が荒れやすくなります。

 

そこは気を付けましょう。

またオーガニックを気にする人もいると思いますが、

髪の毛にだけにしかつけないワックスはあまり重要視しなくてもいいと思います。

皮膚に触れるものは自然由来などのものを使ったほうがより安全だと思いますが、髪の毛だけの場合アレルギーが出るわけではないのであまり重要視しなくて良いのかなと思います。

(髪につけたワックスが顔に当たってあれたり、汗で髪につけたワックスが流れ落ちてきて負担がかかることはあるかもしれないので可能性はゼロではありませんがね・・・。)

 

ちなみにセット剤って髪の形を変えるわけではなく、

  • 髪を固める
  • 束感を出す
  • つやを出す

というのが主な役割。

 

カール、ウェーブが欲しいならコテやパーマが必要です。

あと寝癖がある髪にワックスをつけても整わないので、

セット前は濡らしてからドライヤーして髪をニュートラルな状態にしてからセット剤を付けましょう。

商品一覧(写真)

商品説明

A~Dは同じシリーズです。

『ナカノスタイリングワックスプロフェッショナルモデル』の②~⑦(もともと①はない。)【NAKANO】《¥1430 90g》

③~⑤(B)は取り寄せ。(2日くらいで届きます。)

②(A)、⑥(C)、⑦(D)は常時在庫あり。

かたさ別。

ツヤはまぁまぁでるタイプ。

伸びもちょうどよくあり使いやすい。

ファイバーがはいっているので持ちが良い。

保湿をしながらセットできる。

香りは万人ウケするシトラスフローラルがほんのり香ります。

②が一番やわらかくて⑦が一番かたい。

伸びがいいわりにかたさもそこそこあるので、⑥を持っていればメンズショートスタイルはほとんど代用できます。

刈り上げスタイルは⑦がおすすめ。

②はオイルでは夕方乾燥してしまう女性に。髪の毛補修成分が入っているのでしっとりが続きます。

※山田おすすめはナカノ。コスパ、使いやすさ◎

 

次にE

商品名『THEO』、メーカー【Lebel】、お値段《¥1980 60g》

ん??

 

なんて読むかわからないですか??

 

『ジオ』【ルベル】《ぜいこみせんきゅうひゃくはちじゅうえん》です。

 

“ジオ”はメンズの“美”に力を入れているシリーズです。

シャンプーや化粧水、乳液とかもあってその中のワックスのシリーズですね。

 

こちらの黒い方のワックスはめちゃめちゃかたい!

ナカノの⑦でもかたさに満足いかない人が選んでます。

白い方でもナカノの⑤くらいのかたさ。

・髪にハリがないけどかたく見せたい人

・セットした感が欲しい人

・ハードタイプが好きな人

におすすめです。

 

ニオイは書いてませんが、

“ライダースを着たひげの生えた20代後半の男くさい人”が好きそうなニオイです。

 

高級ワックスです、男くさくなりたい人、ぜひどうぞ!

 

Fですね。

こちらは『モールディングワックス7』【ミルボン】《¥2000 100g》

つやは少なめ、つまり伸びも少なめ。

耳半分くらいかかってるショートスタイルの人におすすめのかたさ。

チューブタイプの良さは、

  • 持ち運びやすい
  • つけるときに爪にはいらない
  • 量を調整しやすい
  • 洗面所に置いておいてもいい感じ

です。

 

ミルボン好きな人にもおすすめ。

 

最後にG

『ソルティール』【タマリス】《¥1900 110g》

こちらは女性におすすめの伸びが良くて、ツヤがでるワックス。

香りは『リッチフローラル』(全然想像できませんな。。。)

いい匂いです。

こちらもファイバー系のワックスなので柔らかい束感が出るので、

ボブ~ロングまで幅広く使えます。

コテ後の保湿+仕上げ剤としてもおすすめ。

 

ワックスの使い方

ショートの場合は、髪の毛先全体にムラなくワシャワシャつけて、

つけたら、フォルムを整える。

前髪だけとかにつけたりすると、前髪ツヤツヤ、後ろぱさぱさとかになって質感が違くなってしまうので、全体につけましょう。

 

ボブ~ロングの人もは毛先中心に。

内側も忘れずにつけましょう!

 

そもそもセット剤って美容室で買うとしたらカットしたてで選ぶじゃないですか??

だから1か月とかすると、適した長さのワックスじゃなくなってるんですよ、特にメンズやショートスタイル。

1か月後は髪の量が増えてセットしづらくなっている場合もあるんですが、かたさが髪の長さに適していないのも原因でやりづらい。

そんなときにおすすめの方法は、

髪が伸びたらいつも使っていたワックスに柔らかいワックスを少し混ぜて伸びを調整すること。

④と⑥買って、最初は⑥だけつけて髪が伸びてつけづらくなってきたら④を混ぜて伸びをよくしてからつける、みたいな。

(持っているならオイルを1滴たらしてもいいです。)

この調整で長さにあったかたさにしましょう!

まとめ

髪型を作るうえでカットと同じくらい重要なセット。

求めている髪型に近づくためには適したアイテムを使いましょう。

美容室でのセットで満足いって、家でも同じセットをしたいと思ったら、同じアイテムを使うのが近道。

 

いつも使っているお気に入りがあるなら無理に買う必要はありませんが、

より多くの種類から選びたいとドラッグストアに買いに行っても結局何がいいかわからず、ハズレを引いてしまうことが多いようです。

 

カットとセットが気に入ったのなら、担当美容師に聞くのが一番手っ取り早いのです。

 

このブログに値段も書きましたが、セット剤は値段もそんなに高くないのでご安心を。

 

みなさんのお気に入りが見つかりますように。