シャンプー剤もめっちゃ大事なんだけどそもそも・・・

前にシャンプーの仕方のブログを書いてました。

そのブログに追加したいことを。

もし良ければまずこちらを。

サロンワークのときに

「シャンプー前によくお湯で流してからシャンプーするのがいいですよ!」

って言ってもあんまりいい反応がないんですよね(笑)

しっくり来ないんでしょうね。

間違いなく先にお湯で流したほうが頭皮の負担も減るんですけど。

みなさんお忙しくて、シャンプーはささっと終わらせたいんでしょう。

気持ちはわかる!

ただ美容師としてベストをお伝えしなければ。

 

 

シャンプー=食器洗い

シャンプーってなんか食器洗いに似てるなと思って。

 

シャンプー前にお湯で流せってしつこく書いてるんですけど、それについて。

 

例えばカレーを食べた後の食器を洗うときに、事前にお湯でめっちゃ流しません??

予洗いです。

お湯で流すだけじゃなくて、皿を軽く擦りながらやれば油の多いカレーだってある程度落ちます。

キュキュッと鳴るまではいかないけど。

 

でも皿にカレーがついたまま洗剤をつけたスポンジで洗ったらどうなるか??

(スポンジが汚れるっていうのもあるけど)洗剤の泡がなくなりやすいですし、汚れも残りやすいですよね??

泡自体なんかカレーの色がついちゃって果たして綺麗になっているのか!?

みたいな。

 

だからお湯で事前に流したほうが綺麗になる。

洗剤も少なくて時短で済みますしね。

洗剤が多すぎると手荒れもひどくなるし、いいことはありませんよね。

 

頭皮や髪の毛の場合だと、汚れっていうのは

汗、脂、ワックス、ヘアオイル、ほこりなど。

これらを事前にお湯で落としておけばシャンプーも泡立ちやすいし、洗浄力弱めでも綺麗になりやすい。

でも予洗いをさぼって「汚れをもっと落としたい!」って思ったらシャンプーの洗浄力に頼るしかなくって、汚れは落ちるけど、頭皮が荒れる。

 

ほら、わかりやすい!

シャンプーと大体同じ!

 

 

洗浄力の強さは刺激の強さ

洗剤も洗浄力が強ければ、手荒れがひどくなるし、

シャンプーも洗浄力が強くなれば、頭皮が荒れたり髪が乾燥します。

洗浄力の強さは刺激の強さに比例します。

 

手荒れにはハンドクリームで保湿できるけど、

頭皮に化粧水つける人はほとんどいませんよね。。。

(あるんですけどね、頭皮用化粧水。)

 

でも頭皮が荒れて悩んでいる人は結構いる。

ストレスだと思ってる人がほとんどだけど、

違うんです!

頭皮が荒れるのはスパルタなシャンプーを使っているから!

 

髪が乾燥してしまうのも同じ!

シャンプーの洗浄力が強ければ乾燥したりカラーの色落ちは早いのです!

 

おっと。。。

『!』なんていっぱい使って熱くなってしまいました。

 

頭皮の荒れが治らない人はお湯での予洗いとシャンプーを考えてみましょう!