· 

カットの可能性

どうもこんにちは。

プライベートでは先輩後輩関係なくをいじることが多いのに、仕事中は年上年下関係なくいじられることが多い山田です。

+ーゼロです。

 

さっ、ブログブログ。

カットで何ができるか

まずですね、美容師の命とも言えるハサミでカットしているわけですが、

『カット』で何ができるか?、ですね。

説明していきましょう。

 

・長さを切る

・量を減らす

 

この二つだけです。

これだけ。

この二つの組み合わせで髪型を作っていくのです。

 

カットだけではこれしかできませんが、適切なカットにはおおきな可能性が秘められています。

 

切る、減らす以外には、セットしやすくするためのお手伝いはできます。

・長さで流れやすくする(髪は短い方から長い方へ流れます。)

・重さで流れを作りやすくする(軽い方から重い方へ流れます。)

・束感を作りやすくする

・質感を作りやすい(パツッとした感じとかシャキシャキした感じとか。)

 

↑のこれらはカットだけではむずかしいということから“〇〇やすい”と書いてあるわけです。

 

切っただけで完成ではない。

美容室のカットのメニューだって、切って終わりではない。

そのあとに、ブローとかアイロンとかしてその後ワックスとかオイルのセット剤をつけて髪型が出来上がるわけです。

 

最近は男性も女性もアイロンのセットが流行っているからか少なくなりましたが、

「何にもしないでこの髪型にしたいです。」

って持ってきた画像を見せられたりします。

 

無理なんです。

切っただけでは。

 

ドライヤーやアイロンあっての毛流れだし、セット剤あっての束感、質感なので求めている明確なスタイルがあるならそれにあったスタイル方法を学びましょう。

 

特にメンズはセットした方がいい!!

「普段セットしないんですよー。」って言われて、残念に思うのはメンズのお客さんですね。

男性は絶対セットした方がカッコ良くなります。

トップにボリュームも出ますし、頭も小さく見えます。

絶対つけて!その方がモテるし、印象もいいから。お願い!

 

セット剤をつけるだけで5割増し。

それがメンズ。

無理難題、事例。

「そこはプロなんだからお願いしますよー。」と難題言ってこられた事例。

・カットだけでウェーブ作ってぇ、・・・(パーマですね!またはコテ。)

・カットだけでこのクセをまっすぐにしてもらってぇ、・・・(縮毛矯正ですね!またはアイロン。)

・ハサミを縦に入れて髪を細くしてもらってぇ、・・・(縦に裂くのかな?枝毛ぇぇぇ。)

など、ほか多数。

 

カットだけでは無理。でもセットも含めて家でも頑張るならいけるかもしれん、事例。

Q「いつも〇〇がハネるけどカットでどうにかなりますか??」

A→ハネる理由は多数。カットが原因でハネているなら直る可能性あり。カットラインがバラバラだったり、量を減らしすぎで軽すぎたりしてもハネるし、髪の根元がつぶれていてもハネるので、カットの調整と収まりやすいスタイルにしてドライヤーで根元を立ち上げればハネなくさせることもできるかもしれません。

 

Q「トップにボリュームが出づらいんですけどカットでどうにかなりますか??」

A→トップの髪が長ければ長いほど髪の重みで潰れやすくなります。比較的ロングの場合はカットではなくドライヤーとセット剤でをたたせましょう。ショートの場合は短い毛をとこどどころに入れることで立ち上がりやすくなります。でもドライヤー、セット剤も重要!

 

まとめ

カットありきのセットなので、セットしづらくなったらやはりカットの必要がありますね。

美容師の腕はカットの技術だけが評価されがちですが、カットの後の手入れ、セットがしやすくするためにはどういうカットをすればベストなのかという知識も必要ですね!

お客さんのスタイリング方法やライフスタイルも知っていた方が適した施術ができることも。

 

お客さんが家でセットしやすいベストな髪型を目指しています。

なんでも相談してくださいねー!