· 

カラー、パーマのネーミングについて

カラーのオーダー、どうやって伝えます??

カウンセリングでのカラーのオーダーはどうやって担当者に伝えます??

・画像を見せる

・口頭で好みを伝える

・インスタのスタイル写真に書いてあったカラーの名前を伝える

・アッシュ系、ブラウン系など系統と明るさの希望を伝え、細かいところはお任せ

 

など、伝える方法は人それぞれ。

ただ、スタイル写真に書いてあったカラーの名前“だけ”を伝えるのはやめましょう。

 

カラーのネーミングはひとりの美容師が勝手に決めてるんですよ。

「今日はとろみパールベージュでお願いします!!」

「ホワイトセピアブラウンカラーか、ホワイトミルクティで迷ってます。」

「セピアグレージュとヨーロピアングレージュって何が違うんですか??」

 

・・・。・・・・・・。

 

全部わからん。色の想像つかない。

 

この美味しそうな色の名前たちは美容師が勝手につけてるから、他の美容師は名前聞いただけじゃ、チンプンカンプンなんですわ。

 

ちなみにカラー剤を組み合わせた名前ならなんとなく想像つきますけどね。

アッシュベージュ(アッシュ+ベージュ)

ピンクブラウン(ピンク+ブラウン)

とか。

これならお客さんに薬の名前を聞かれても恥ずかしくない。

 

仕上がり時に

「このカラーなんていう色なんですかぁ??」って目を輝かせて言われても、

宝石みたいな名前思いつきませんからね。

あ、ドヤ顔でいうの恥ずかしい。

 

ちなみにパーマの名前も。

「スイングパーマかけれますかぁ??」

(スイングパーマとは・・・。初耳です。無理かな。)

パーマも名前じゃなくて仕上がりで決めましょう!

明確なやりたい色があるなら画像を見せるべし

言葉だけではピンポイントで色を作るのは難しい。

本当にこだわるなら、画像見ても難しいんだから。

ちなみに加工してある写真と、『ブリーチなしで作る〇〇』には気をつけましょう。

彩度を調整して色味を鮮やかに見せてる写真や、

過去にブリーチしてるだろ!!っていう写真とか溢れているので、

それも担当者に相談しましょう。

「ここにブリーチなしって書いてありますよ!」って言われても染める髪が違えばできないのです。

 

ちなみに明確にゴールがなくて、ざっくり「〇〇系の色味で」とか「似合う感じで」とかオーダーでもオーケー。

明るさや、好みを聞いてお客様に合わせたオリジナルの薬剤を調合します。

山田は結構こっちの方が好き。

 

画像を見せられて同じ色を目指すのも技術者として燃えますが、

『好きな色味』、『嫌いな色味』、『どこまで明るく(暗く)していいのか』とかを聞いて作る方が、なんとなくプロの美容師っぽいから。

そんで次回のカラーで「前回良かった!」とか「前回よりもうちょい暗く」とかでお気に入りの色を目指したい。

 

絶対カラーの名前を付けたほうがいい??

そりゃ全部『ヤマダオリジナル』ですよ。