· 

作る。ということ。

火曜日の休みに街を歩いてぶらぶらしたら顔が日焼けをして次の日から赤くなってしまっています。

でもマスクをしていたのに不思議なんですよね。

でもそれしか顔の赤い原因が思いつかないのできっと日焼けだと思います。

他の原因を知ってる人がいたら教えてください。

ちなみにその日のランチは純豆腐(スンドゥブ)とビビンパを食べました。

辛かったけどとてもおいしくいただきました。

 

んでですね、

僕は何かを作ることが好きみたいなんですよ。

仕事でも毎日お客様の髪形を作っている(造っている??)わけなんですが。

工作的なやつも好き。

別に得意ではないんですが、夢中になれるというか。

 

今思い返せば、プラモデルとかミニ四駆とか昔は結構はまっていたんですよね。

でも図工は得意ではないので3とか4とかでした。

あ、たった今思い出しましたが工作クラブにも入ったことがありましたね!

懐かしい。

そして今はDIYを少々。

看板や2階にある本置きなんかは自分で作りました。 

 

 

この冬、子どもとどこに行こうかなとかんがえていたけど、

人混みは風邪をもらうだろうし、

雪は降ってないから外では遊べない。

ってなったときに、店にある大量の段ボールで何か作ろう!となって工作的なやつをしたんですよ。

毎週材料とともに段ボールが大量に届くのです。

ほしい人はあげます!

2月くらいだったか、そのときは段ボールで車を作ったんですけどそれがヘタでヘタで。

 

でもその時やったことは子供はとても楽しかったらしく、

先日リクエストがあったのでまたやったんですよ、段ボール工作。

今度はちゃんと定規を使ったり、ある程度まじめに。

その時の作品がこちら。

戦車。

まずまずの出来。

ほら通知表で言うと5じゃないけど3か4くらい。

 

ちゃんとやろうと思えばできるんですよ、もっと上手に。たぶん。

お店に段ボール工作の本も置いてありますし。

乗れるくらいの車とか作ってみたいですねー!!

 

LINE@に登録してくれてる方は知ってるかもしれないですが、

(以前《段ボールで大きな滑り台を作ろう》のイベントをやろうとしましたが、段ボールが思った以上に大量に必要すぎたのと、もう春になり、あったかくなってきて外の滑り台が普通に使えるのでとりあえずしばらくはやらないことにしました。)

 

僕自身、子どもの感性ってさすがにもう忘れてしまいましたが、

上手に○○ができた!とか作品の出来栄えより、

何かをしている作業が楽しい!みたいな感じなのかなと思います。

想像力も豊かだし、作りながら「ここをこうしてー、」とか楽しそうに言ってました。

作りながら何かをイメージしてる感じだと思うんですよね。

 

だからホントは親子でお店に来てくれたお子さんには段ボールとハサミとテープを渡しておけばある程度楽しく過ごしてくれるのかなーって思ってます。

(ケガすると悪いからいまのところやってないんですけど。)

 

家では既製品のおもちゃも与えてますけど、こういうアナログの感じもいいんですよねー。

たぶんお子さんたちに“いろんな長さの木”だけ渡しても楽しんでくれると思います。

積み木みたいにして勝手に組み立てたり。

 

最近は自分たちも含めて動画を見せてたり、ある程度のおもちゃってどこでも手に入るけど、

なんでも売ってる時代に想像力を鍛えるってやっぱり自分で作ることなのかなと思います。