· 

美容室での会話について

はい、こんにちは!

人見知りの山田です。

 

「えっ??」って思った方、まだまだ山田のことをわかっていませんね(笑)

山田のプロとして人見知りを感じさせない仕事っぷりに拍手をお願いします!

っというか、人見知りって初対面のときだけ意識しますよね??

最初話せなくても、慣れたら話せるようになったり、話せなくても特に気を使わなくなったり。

今回はそんな内容です。

どうぞ。

 

今日のブログは会話についてですが、(何度か書いていますが)

美容室での会話は、お客さんは特に何も考えなくて大丈夫ですからね!

美容室なので、メインは髪型を素敵にすることなので、そこはあまり気を使わずに、どうぞ!

うちではタブレットで映画を見てほぼ一言も話さないで帰られるかたもいたり。

あとはそのタブレットで雑誌を読んでもらったり、

カラーの待ち時間にはハンドマッサージもありますし(女性限定)、

ずっとスマホ見ててもいいし。

ドリンクもお出しできますし。

ホントに自由にお過ごしくださいませ。

 

お客さんが話さなければいけない時は

カウンセリングと仕上がりの時だけ。

他、希望があるとき(シャンプー強めが好きとか)と、

これはイヤ(カラーがしみるから地肌から塗らないで)とか。

それくらいです。

あとは美容師が頑張ってきれいなスタイルを作ればいいのです。

会話ってホントにしない人はしないですし、

会話したくなければ、初回に書く紙の隅っことかに[会話をせず静かに過ごしたい]ってかけば問題ありません。

 

ネットニュースとかで

【美容室での会話、必要か??】

などの題名が上がっていたりするのをみますが、そんなことはホント気にしないでほしい。

日常会話は無理にしなくていいのです。

天気の話とか盛り上がんないですし(笑)

話したい気分の時はどうぞ話しかけてきてください!

喜んで会話をします。

 

美容師側からすると、

その美容師さんが人見知りであろうと、なかろうと

質問することはいくつかあるのでこちらから話すことは多いでしょう。

なりたいイメージ、色、お悩み、手入れの方法、など。

話しかけることが多いからか、よく

「美容師さんで人見知りの人っていないですよねー。」って言われるけど、

意外とそんなことはなく、人見知りの美容師は実は多いと思います。

 

そんな何気ない会話から髪形のヒントをいただくこともあります。

「仕事中はいつも結んでます。」

って言われたときは

(じゃあ、結んだ時に毛がパラパラ落ちないように髪の削ぐ場所を気を付けよう。)

とか

(顔まわりのおくれ毛は作るかな?)

などを考えたり。

 

まあ、そんな細かいことを考えてしまうのも最初の1、2回がほとんどではないでしょうか?

3回目とかになると、話す人とは結構話すし、話さない人はいっさい話さずに寝てたり、映画見てたりしてますね!

初回から、

「好きに過ごしていいですよー」って言われても気を使ってしまうのがほとんどでしょうけど、

少しづつ慣れて、

安心してお店に来てもらって自由の時間を過ごしてリラックスしてもらえる関係性になり、

髪もきれいになってお帰りになるっていう流れができるとサイコーですね!

 

、ということで

roomRoomではお好きにお過ごしください。