· 

プール、海に行くときのヘアケア

夏といえば海ですね。

新潟は海が近いのでいいですね!

もうそろそろ行っちゃう!?ってくらい暑い日が続いていますが、

そんな海やプールに行くときのヘアケアをご紹介。

 

の前に、なんで海やプールで髪が傷むのかってことを知らないとケアもできないので、

そしてそちらをまず見てみましょう!

 

まず、海。

海は弱アルカリ性なので、髪を不安定な状態にするのです。(髪の安定するのは弱酸性。)

不安定な状態→キューティクルを開かせて色素を流出、タンパク質の流出、ですね。

カラーリングしている人はすぐ色落ちしてしまう、髪の主成分であるタンパク質がなくなってくるとごわつきがでる、ということですね。

そして、海水にマグネシウムが含まれていることから髪がごわつくのです。

(多くの海外の水もマグネシウムが原因でごわつくのですよ。日本は大丈夫です、ふー。)

あとはやっぱり紫外線。照り返しもあり、日常より多くの紫外線を浴びてしまうでしょう。

んー、あとは、海水にはプランクトンがいたりするので髪を洗わなかったりすると雑菌が繁殖したり。

頭皮にもよくありません。

 

プールだと、

やっぱり消毒の為に使われている塩素。次亜塩素酸ナトリウムですね。

これがこいつが髪や地肌を乾燥させる原因なのです。そして色落ちも。

うすーい、漂白剤ですからね。髪、肌にはよくありません。

 

さて、原因がわかったところで対策です。

海は結構ダメージの原因がいっぱいあるので大変ですが、

まず日焼け止めですね、髪に使えるものがありますからね。ウォータープルーフでスプレータイプとかクリームとか、UVカットがシャンプーにも含まれているものもありますね。これらをまず絶対使いましょう。

(roomRoomにもあるよ!買いましょう!)

結局、一番いいのは海水に髪をつけないということなんですが、海に行ったらたぶん無理でしょう。

カップルで行ったときなんかパシャパシャしてキャッキャするので髪に海水がかかってしまいますからね。

どうしてもかかっちゃいますねー!

同性同士で行った人たちは

そんなカップル達を(髪傷ませてんなー)って冷たい嫉妬の目で見ちゃってください。

そんな感じで濡れちゃったり、濡らさないのをあきらめて海に潜った後にはしっかりシャンプーで洗いましょう!そしてトリートメント、オイル!

水道水、シャンプーで洗うことで弱酸性に戻し、マグネシウムを洗い流しましょう!

あとは油分を補給!しっかり!!頼むよ!!傷ませすぎると次のカラー、パーマが難しいよ!!

(おっと、美容師としての本音が。。。)

 

はいっ!

次はプールの対策。

まず入る前に髪をしっかり水道水で濡らします。

そうすることで髪が吸い込む塩素をおさえられることが出来ます。

プールで髪を濡らさないのは無理だと思いますが、本気で髪をダメージを気をつけたい!

そんな方はキャップを二重にかぶりましょう。

まずメッシュ、そしてシリコンのキャップ。これで塩素吸いすぎを予防することができます。

鬱血しない程度にね、絶対無理しないで―!!

あとはやっぱり入った後に水道水でよーく洗います。

これを怠るとずっと髪に塩素が残ってダメージし続けます。

ホントはシャンプーで洗ってほしいけど、できない場合は水でしっかり洗いましょう!!

そしてそのあと保湿をしっかりしてください。

 

夏はいろんなことで髪にストレスを与えやすい季節ですからね。

できるだけ予防をしましょう。

ホントは海に行った時も、

UVケアしてパラソルの下でセレブスタイルってのが一番髪にも肌にもいいけど、

海入っちゃったときなどは参考にしてください。

 

では!